シマナガシアンソロジー「LIFE」

ニンジャスレイヤーのサークル・シマナガシアンソロジー「LIFE」告知サイトです

スポンサーサイト

--.--.-- [ Edit ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマナガシの概要

2016.01.27 [ Edit ]


Q.サークル・シマナガシとは?
A.Twitter連載サイバーパンクSFニンジャ小説「ニンジャスレイヤー」に登場するニンジャ愚連隊です。
 構成員はリーダーのアナイアレイター、創設者のフィルギア、ルイナー、スーサイド、食客としてエルドリッチが居ます。
 集団としての初出は第3部「ヘイル・トゥ・ザ・シェード・オブ・ブッダスピード」(有志wikiへ)です。

 
 
Q.どこに居ますか?
A.ネオサイタマのエンガワ・ストリートの廃ビルです。書籍版のブッダスピードで13階建てという記述が追加されました。
 廃ビルの屋上を秘密基地のようにガラクタで埋め尽くし、コロナビールを飲んだりショーギを指したりしています。
 また、バーやクラブめいたところでギャンブルを楽しんだり、ハイウェイをバイクでかっ飛ばしたりもしています。


Q.どんな人たちですか?
A.主人公のフジキド・ケンジ=ニンジャスレイヤーは悪いニンジャを殺すことを目的としていますが、彼の判定でギリギリ殺さないレベルの人たちです。
 具体的にモータルを虐げたり悪事を働くシーンは見られませんが、働いてもいないので金の出処は非合法と推測できます。


Q.どんな人にオススメですか?
A.若い男の子たちが集まって、軽口を叩いたりダラダラと遊んだりしているのが好きな人に勧めます。ヤクザのような縦割り感はなく、全員がほぼ対等に接しています。
 彼らはネオサイタマを支配するソウカイヤ、アマクダリから逃れて遊んでいますが、決して息を潜めて目立たぬように生き延びたいわけではないようです。
 モータルを守るでもなく、モータルを虐げるでもなく、信念を掲げるでもなく、フリーランスとして生きるでもない、モラトリアムを謳歌している若者集団です。
 しかしそれぞれに胸に秘めるものがあり、話が進むにつれ彼らの思惑や心情が見えてきます。
 また、エルドリッチはフィルギアが勧誘した食客や用心棒であり、彼をメンバーと呼ぶかは意見の割れるところです。実際他の4人と共に遊んでいる描写はありません。


Q.登場エピソードを教えてください
A.多くはありませんが1話ごとが長いという特徴があります
ヘイル・トゥ・ザ・シェード・オブ・ブッダスピード
ゼア・イズ・ア・ライト
デス・トラップ・スーサイド・ラップ
ニチョーム・ウォー……ビギニング
ニチョーム・ウォー
 番外編
ラスト・ガール・スタンディング スーサイドのみ
ニュー・メッセンジャー・オブ・ホワット スーサイド、フィルギアのみ
ニュー・メッセンジャー・オブ・パスト・アンド・フューチャー 物理書籍「死神の帰還」限定エピソード
リターン・ザ・ギフト エルドリッチのみ
バトルクエスト・クレンチ・ユア・フィスト フィルギアのみ。登場回は#6のみ
グッド・タイムズ・アー・ソー・ハード・トゥ・ファインド フィルギアのみ。登場回は#2ラスト付近から最終話まで
ウィアード・ワンダラー・アンド・ワイアード・ウィッチ エルドリッチのみ
フェアウェル・マイ・シャドウ 「ニチョーム・ウォー」との並行版
ローマ・ノン・フイト・ウナ・ディエ フィルギアのみ

 
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。