シマナガシアンソロジー「LIFE」

ニンジャスレイヤーのサークル・シマナガシアンソロジー「LIFE」告知サイトです

スポンサーサイト

--.--.-- [ Edit ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルギアについて

2016.05.13 [ Edit ]


Q.フィルギアについて教えてください。
フィルギア:サークル・シマナガシの創設者。

■特徴
 ソウカイヤによって潰されかけていたアナイアレイター、ルイナー、スーサイドを拾ってきた。
 当初は「寄り合い所帯」と言っていたが、「ヘイル・トゥ〜」以前にサークル・シマナガシの名前を提案する。
 公式ファンサイトの記事は こちら
 有志wikiの記事は こちら


■外見
 痩せて長身、臙脂色のシャツ、四角いサングラス、ワンレンの黒い長髪、インディアンめいた装飾品、端正な顔立ち、薬物中毒者特有の赤紫の隈取り、骨めいた白い指などが外見の特徴です。
 公式ファンサイトでは、身長179cm、スリムジーンズ、フェミニンな印象のシャツ、三種の動物に由来する装飾品や銀のアクセサリーをしており、20代半ば〜30代前半とのこと。
 書籍でデザインを担当されているわらいなく先生のイラストはこちら
 コミカライズを担当されている余湖先生の作品はこちら また限定ペーパーですがこういうのもあります

■性格
 言動から真意が掴めず胡散臭く享楽的です。怖いものなしにも臆病にも、強いようにも弱いようにも見えます。
 ナラクに過去の恋人と妹を殺されたことがある、平安の世から生きるリアルニンジャです。
 90年代にロサンゼルスでバンドを組んでいたり、スーサイドのニンジャソウルであるパンク・ニンジャについても知っているような口ぶりをしています。

■戦い方
 フクロウ、蛇、コヨーテに変身し、イクサの際はもっぱらコヨーテで敵に噛み付くか、フクロウで伝達をしたり目をくり抜くなどします。
 また頭はフクロウで、手足が青銅色の鉤爪を持ったスタイルもあるのですが、奥の手なのかあまり使用しません。当人曰く「負担が大きい」そう。
 リアルニンジャだからかジツの特性か、通常のニンジャ(ヤモト)よりも視力がいいようです。
 アイサツは拱手(右の拳を左の手のひらに合わせるスタイル)です。

■他媒体からの情報
 ザ・ヴァーティゴのask.fmやインタビューズにより判明したこと。
・拱手のやり方から利き手が右であると推測される
・リアルニンジャでもソウル痕跡が残る
・身体変化は徐々に行われた
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。